恭城の文廟

恭城の文廟

恭城の文廟写真

恭城の文廟

観光地の情報:   紹介  文廟は、つまり孔子廟で、また学宮とも言い、孔子を祭る祠である。桂林市恭城県の西山の南の麓..

観光地の入場券:  恭城の文廟入場券及び開放時間  入場券:一人で15元(身長1.10から1.40までの児童は半額で、1.10..

注意事項:  注意事項  恭城の文廟は恭城県の中にあり、できるだけ現地の油茶と各種の軽食を逃さない方がよい。 ..

恭城の文廟観光地図

恭城の文廟をご紹介

  紹介

  文廟は、つまり孔子廟で、また学宮とも言い、孔子を祭る祠である。桂林市恭城県の西山の南の麓に位置し、広西で保存される最も完備している孔子廟で、全国の四大の孔子廟の一つである。文廟の左側は恭城の武廟である。文、武の二廟は印山を二つに分け、一つが東にあり、もう一つが西にある。左右の文武、渾然一体となって、相互に益になる。

  資料の記録によると、唐の貞観四年(630年)各州県はあまねく文廟を創立した。恭城の文廟は明の永楽八年(1410年)で創建し、前の場所は恭城県の西北の鳳凰山にあり、明の成化十三年(1477年)に県の西側の黄牛崗へ移り、嘉靖の庚申歳(1560年)はまた西山(今の場所)まで移り、清の康煕九年(1670年)は戦火の災いで壊した。道光の二十二年(1842年)、ある人はもとの廟室の規模が小さいから、状元を出せないと思って、封建官吏は王雁洲、莫励堂の二人の挙人を派遣して、山東の曲阜まで孔子廟を見学して、曲阜の孔子廟をモードにして製図を設計して、大金を集めて、そして広東、湖南などから職人を再建しに来てもらって、二年余りをかけて竣工して、広西の最大の孔子廟になっていた。清の咸豊四年(1854年)にまた戦火の災いで壊して、咸豊の十一年(1861年)に再び修復した。後で二十数回も修繕したことがある。1963年広西チワン自治区の人民政府は資金を割り当てて補修して、自治区の重要文化保護財にした。

  文廟は北側にあり南に向いて、南から東に6度があって、茶江を高い所から見下ろして、後ろが印山に頼って、山に従って建てて、厳粛のように見える。この廟は3600平方メートル場所をとり、建築の面積が1300平方メートルである。双方のわき門から出入りして、東に向ける扉は礼門と言われ、西に向ける扉は義路と言われ、扉の外でひとつ碑を立ち、上に「文武の官吏がこれで馬から降りる」を刻み、孔子廟の厳粛さを示す。正面は目隠し用の塀で、表門をオープンしないで、聞くところによると、ある人が状元に当たったら、やっと目隠し用の塀の中で表門をオープンして、状元門と称して、表門から霊星門に歩み入るのは状元しかない。

  毎年の四月から十月まで、桂林は景勝地を観光する最高な季節である。龍勝では雄大な線を描く景観を鑑賞することができる。旧暦の四月十五日のあとの半ヶ月に、水浸しの龍脊段々畑もまた別天地である。四月最初の龍勝紅衣節、十月の苗年など、各種類の祝日が多く、それぞれの賑やかさと素晴らしさがある。中秋の夜、象鼻山の「漓江の二つの月」がもっときれいで、いろいろな観光客を引いている。

  春と冬は旅行閑散期が、「三つの冬は雪が少なくて、四季はよく花が咲いている」という言い方がある桂林で、トン族の花火祭り、ヤオ族の禁風祭り、チワン族の三月三、恭城の桃の花祭りなど盛大な祝日が行われるので、数多くの観光客を引き付ける。温泉の風景区では、温泉が与えてくれた冬の暖かさを楽しめる。

恭城の文廟の特色

  特色

  恭城の文廟は明の永楽年間(1410年)に創建して、元の場所が恭城の西北での鳳凰山であった。その後、道光の年間に今の場所まで引越し、曲阜の孔子廟を模本にして再建し、二年間をかけて竣工し、広西の最大の孔子廟になる。文廟は北にあって南に向いて、茶江を高い所から見下ろして、印山によって、山に従って建てて、厳粛さのように見える。

  この廟は3600平方メートル場所をとり、建築の面積が1300平方メートルである。双方のわき門から出入りして、東に向ける扉は礼門と言われ、西に向ける扉は義路と言われ、扉の外でひとつ碑を立ち、上に「文武の官吏がこれで馬から降りる」を刻み、孔子廟の厳粛さを示す。正面は目隠し用の塀で、表門をオープンしないで、聞くところによると、ある人が状元に当たったら、やっと目隠し用の塀の中で表門をオープンして、状元門と称して、表門から霊星門に歩み入るのは状元しかない。新中国が成立した後、大衆が便利に観光するために、状元の扉を開けた。

  霊星の扉は、漢高祖が霊星を祭るために、孔子廟で転用することを命じて、「天を尊敬する者は孔子を尊敬する」という本意である。この扉は黒い石で築いて、上に「霊星の扉」という大きな三つの字を刻んで、双竜が真珠を弄る、双鳳が太陽を向けるというような浮き彫りがある。

  霊星の扉から二層のプラットフォームに上がると、大成の扉である。大成の扉は木製の構造で、扉の上に花と鳥と虫と魚との彫刻があって、生き生きとしている。大成の扉の東側は名官吏の語で、西側は郷賢祠で、歴代の賢人、先儒を祭る所で、合わせて143の位牌がある。大成の扉の後の天窓の前に寛大なプラットフォームがあって、杏壇と言われて、また露壇とも呼ばれ、孔子が学術講演をする所と言い伝えられている。

  露壇の上の大成殿は、文廟の主体の建物で、屋根の軒先が高く尖って、重ねる山と軒、花の模様で飾って、泥で多彩な絵を作って、瑠璃瓦にかぶられ、極彩色の美に輝く。大成殿の中央の神棚は孔子の位牌を祭るところである。大成殿の後ろに崇聖祠があり、孔子の五代の祖先を祭るホールで、崇聖祠と大成殿は建築構造の上で拘りがたくさんあり、大きさの高低は違いがある。

  歴代の毎年の春の仲月(旧暦の二、八月)に、正殿で祭事の儀式を行っている。そのときの黎明、各官の衣服の朝服、序列によって立って、一斉に集まってお辞儀をして、典儀はきわめて盛大である。

恭城の文廟の入場券

  恭城の文廟入場券及び開放時間

  入場券:一人で15元(身長1.10から1.40までの児童は半額で、1.10以下のは無料)

  開放時間:毎日の朝8時30分から午後の5時30分まで。

  観光時間:一時間ぐらいが必要である

恭城の文廟の交通

  交通

  恭城の県内は桂林市内まで80キロメートルの距離がある。

  1、 陽朔を観光したあと、陽朔の駅で桂林から恭城までのバスに乗って、県都で降りる。(普通の切符のチケットは約一人で5元)。

  2、 桂林で桂林から恭城までのバスに乗ることができる。(エアコンのある直通する急行バスは一人で15元、普通のバスは一人で13元)

恭城の文廟 観光ホテル

  • 桂林奇勝ビジネスホテル

    桂林奇勝ビジネスホテル

    三星レベル 桂林象山地区 宿泊料金:-

      桂林奇勝商務酒店是一家以商務和旅游為主的公寓式酒店,位于美麗的漓江之濱,鄰近象鼻山旅游景區;去往桂林國際會展中心、火車站、桂林兩江國際機場交通十分便利。     桂林奇勝商務酒店客房設有標准..

  • 桂林好地方江景ホテル

    桂林好地方江景ホテル

    二星及び以下 桂林秀峰地区 宿泊料金:-

      桂林好地方江景酒店位于桂林市濱江路上,地理位置獨得天厚,它位于桂林市中心廣場商業圈內,背靠繁華的正陽路步行街,桂林王城商廈與微笑堂商廈近在矩尺,賓客可在桂林游玩之余滿足逛街購物之樂;桂林市城市標志..

  • 桂林星程金灣ホテル

    桂林星程金灣ホテル

    四星レベル 桂林象山地区 宿泊料金:-

      桂林星程金灣大酒店是中國領先的中檔酒店品牌──星程酒店成員,圍繞“更多服務、更多空間” 兩項服務承諾,星程傾力打造“寬敞高雅空間、優質床品衛浴、完備設施服務、i-hotel聰明酒店”四項品質特征,..

  • 桂林金埔ホテル

    桂林金埔ホテル

    四星レベル 桂林秀峰地区 宿泊料金:-

      桂林市金埔大酒店座落在桂林市市中心繁華商業區,環境幽雅,交通便利,距離舉世文明的漓江100米,西臨桂林市最繁華的商業中心正陽步行街50米,距離兩江四湖100米,距離桂林市城徽象鼻山150米,酒店樓高13層,可..

  • 桂林桃園ホテル

    桂林桃園ホテル

    三星レベル 桂林秀峰地区 宿泊料金:-

      桂林桃園飯店位于中國廣西桂林市榕蔭路,地理位置極佳,交通極為便利,堪稱鬧市中的靜園。飯店設有套標准間、母子間、套間等各類客房八十八間,均有獨立調控的空調系統、數字電視、國內和國際直撥電話、寬帶上網..

恭城の文廟 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號