揚美古鎮

揚美古鎮

揚美古鎮写真

揚美古鎮

観光地の情報:   紹介  古鎮は左江の下流に位置し、その三面が水に臨み、省都の南寧市までやく30あまりキロメートルが..

観光地の入場券:  揚美古鎮入場券及び開放時間  入場券:無料  開放時間:24時間開放

注意事項:  注意事項  1、 山登りのとき、ビニール靴やスリッパや革靴などを履かないで、心地良く滑るの..

揚美古鎮観光地図

揚美古鎮をご紹介

  紹介

  古鎮は左江の下流に位置し、その三面が水に臨み、省都の南寧市までやく30あまりキロメートルがあり、水陸の交通が便利で、南寧市から船に乗って、邕江に沿って30あまりキロメートルに行って、左江に入ると、揚美古鎮に到着した。揚美古鎮は今、広西省境内で保存している最も完全な明清の古代建築物群で、全国の上位にある。

  古鎮は宋代に建てられ、当時はこの近くの商品集散地である。主な建物は明清の建物で、その中に清代のが大多数を占めている。300年の歴史を持つ清代の邸宅もある。たくさんのことを経験した古鎮は山が青く、水が綺麗で、樹木が青々と茂っている。青石板で敷き詰められる町や埠頭は素朴で重厚である。古鎮の内外で風が穏やかに吹き、日がうららかで、民風が素朴で、人民が文化を崇拝し道徳を尊重する。水運の便利で繁盛したが、水運の衰退で静かになっていき、千年の歳月を経っている。最初は、羅、劉、陸、李という四つの家族によって建てられ、イバラがはびこり、白い花が点在するので、白花村という名をつけられた。その後、狄青が蛮族を平定して、各地からいろんな人々が来て、どんどん発展してきた。清渓(つまり左江)に取り囲まれ、波を立てて追って流れるので、揚渓村という名を変えた。時代の発展にしたがって、思想の進化や美を追求する人心があるので、揚美村という名を改めて変える。その村は明代に発展し、清代になるとさらに繁華していた。繁盛したとき、揚美には八つの埠頭があり、「大船尾接小船頭、南腔北調語不休。入夜帆灯千万点、満江鈺閃似星浮」(日本語で大きな船が小さい船を接し、各地の方言が混ざって語りきれない。夜になると船の灯が千万に点在し、河川の鈺は星の浮くように輝くという意味である)という中国の詩歌もあり、重要な商業の埠頭になり、周囲の百キロメートル近くの商品の集散地である。ここには民風が素朴で、文化を崇拝し道徳を尊重し、美を追求し、美しい自然環境が逸材を生み出し、傑物が出て有名になる土地である。明清のとき、挙人、進士(科挙の殿試に合格した者に与えられた資格)、禀生、太学士が引き続きに出る。近代には、辛亥革命の先賢梁植堂と梁烈亜がいて、後人に敬慕されている。

  古鎮は著名な風景区が多く、千年の古楼――魁星楼、清代の一つの町、明清の古い建築物群、梁烈亜の旧居、龍譚湾などがある。夕日が西に沈むたびに、水面に波がきらきらと輝き、緑の水と青い竹が古鎮に映り、非常に綺麗である。明代の著名な旅行家徐霞客は南寧市から船でここに来て、揚美古鎮の沿岸の風光を賞賛したことがある。

  南寧市は亜熱帯季節風気候に属し、陽光がいっぱいで、雨量も十分で、気候が湿潤である。年間の平均気温は21.7度で、冬で最も寒い1月は平均気温12.8度で、夏で最も暑い7、8月は平均気温28.2度である。草は冬を経て枯れなくて、花は春でなくても咲いている。優れた気候条件のおかげで、ここはいつも緑があり、四季に花が咲いている。いつまでも旅行に相応しい。注意すべきところは、夏が暑くじめじめしているので、特に7、8月平均最高温度は30度から38度までに達し、雨量も大きいし、こんなとき、南寧市に観光すれば、サングラスや帽子や雨具を準備してください。

  一番よい旅行の季節は毎年の十月末十一月初である。その頃、南寧市は一年一度の国際民歌芸術祭りなどの規模が大きい旅行活動を開催する。観光客は南寧市で最も地方的特色を持つ祭りに参加できるだけではなく、有名な民歌、民族活動のパフォーマンスを観賞することもできる。あの時の南寧市は歌の海、踊りの世界になり、盛装に着替えるチワン族男女や東西の歌と踊りが一堂に集まり、都市全体では民歌のメロディアスな音が聞こえる。刺繍の球を投げること、板の靴の踊り、花火と爆竹を奪い取ること、風車を踏むこと及び多彩な民間ダンスなどはもっと素晴らしい。

揚美古鎮の特色

  特色

  揚美は今まで依然として明清時代の古い町を持ち、古巷、古祠、古廟、古宅、古い木、古閘門、古碼頭、文武塔、烽火台などがあり、古めかしく優雅で、趣が限りない。揚美古鎮に入ると、明清の古い宅がずっらりと並んでいて、名所旧跡が多く広く分布し、七柱屋、挙人屋、進士第、慕義門、禁約碑、黄氏荘園、古老の町、古い家や窓、静かな庭園、龍や花を刻んだひさし、コケを全部に敷き詰める土台など、平板や安寧に充満している。

  きれいな青い石の坂路に沿って、両側の300あまりメートルの道に青いレンガや黒い瓦でレンガと木の構造の清代老舗ばかりあり、これは1832年に建てられる「臨江街」である。かつて、ここは繁華な町だった。重い歴史を持つひさしや屋根、古いレンガや瓦、石の彫刻のある柱なども静かに返ってくる。この清明の古街に行くと、趣深い環境に入り、長く続いて絶えない思いは過ぎた年代を探している。夜になると、糸竹曲の音は古鎮から聞こえ、やさしい風を通して水面に吹き送り、人々の心の塵を払ってしまう。

  揚美の八つの風景区は多くの観光客を引いている。それらは龍潭夕影、雷峰積翠、剣挿清泉、亭対江流、江灘月夜、青坡懐古、閣望雲霞、灘松相呼で、今までまだ見つけることができる。知っている人々が少ない烽火台など20箇所の風景区も観賞する価値を持っている。明代の著名な旅行家徐霞客は南寧市から船で左江に到着すると、「南寧から来て、右江過ぎて(左江に入って)、岸山に石が表し始まって、揚美江に至って、石が特色になってくる。私は陽朔山の峭瀕江にいたとき、この岸の石が無い。溪水が石を叩いたのを見ても、この石ほど奇妙ではない。」という揚美古鎮の沿岸の風光を賞賛したことがある。

  龍潭湾

  明清時代、龍潭湾はとても繁華な商用埠頭だった。夜でも商品の船がその中に行き来した。百階ぐらいのぴかぴかと潰された石の埠頭が当時繁華の証である。今、ここは古鎮で太陽が沈むのを見るよいところ。龍潭夕影というあずまやの側に、空高くそびえる古い木がすべて石の隙間から生長し、あずまやのまえの川岸に奇妙な石がたくさんあり、奇異で多い姿を持っている。そして、「石孫龍潭で宝物を探す」という美しい伝説がある。夕日が西に沈むたびに、水面に波がきらきらと輝き、緑の水と青い竹が古鎮に映り、壮観だといっても過言ではない。

  今までまだ完全に保留されている風景区には清代の一つの町、明代の民居、魁星楼、黄氏荘園、古い埠頭などがある。これらの人文景観に入ると、歴史の転変を感じさせて、揚美の砂浜や周りの左江も絵のように綺麗で、揚美の八つの景色がかねてから盛名をうたわれている。青坡懐古、剣挿清泉、灘松相呼、雷峰積翠、亭対江流、金砂月夜、龍潭夕影、閣望雲霞など素晴らしいものが多すぎて見切れない。揚美古鎮の民風が素朴で、夜でもドアに錠をかけなくてもよく、路上でも落し物を拾うことがなく、完全に保存される古い碑に祖先の文明公約を記録している。揚美の風光は多くの文明制作家を引く。『鄧小平は広西で』、『ホトトギスの音』、『石達開』、『血はおしどりに飛び散る』、『豪族の未亡人』などの映画やドラマは揚美の風光と人文景観を野外シーンにしたことがある。揚美古鎮の近くにある下楞、智信などの地域もいろいろな亭と楼閣、騎楼の建築物や豊富な生態旅行資源がある。

揚美古鎮の入場券

  揚美古鎮入場券及び開放時間

  入場券:無料

  開放時間:24時間開放

揚美古鎮の交通

  交通

 

  1、 華強路198番号(二運バスストップのはす向かい)の「南寧――揚美」旅行専用バスのストップでバスに乗る。毎朝の9時、10時、11時に時間通りで発車する。片道は7元、旅程は約1.5時間。南寧市に返る車が少なく、一般的には午後の2時と4時に一つのバスがある。発車の時間をまず聞いておいたほうがよい。

 

  2、 南寧の邕江埠頭で観光船に乗る(出発の時間は朝8時半、返る時間は午後3時半)

 

  3、 揚美への道路の状況は普通で、旅行の提示版があるので、車でも自転車でも行くのが結構だが、途中にフェリーで車によって料金を徴収する。自分で車で行くまえはフェリーの時間を聞いたほうがよい。

揚美古鎮 観光ホテル

  • 南寧万錦ホテル

    南寧万錦ホテル

    四星級 南寧青秀地区 宿泊料金:-

    国家の5つ星ランクの標準によって建築され、客室、飲食、レジャー娯楽などを一体にして、設計されたビジネス型ホテルです。

  • 長青連鎖公寓(南寧火車站店)

    長青連鎖公寓(南寧火車站店)

    二星及び以下 南寧興寧区 宿泊料金:-

        長青連鎖公寓(南寧火車站店)是一家商務型酒店,位于長寧區,臨近大和平批發市場。酒店安靜的環境保証你有好的睡眠質量24小時保安值班,讓你安全更有保障!

  • 維也納酒店(南寧朝陽路店)

    維也納酒店(南寧朝陽路店)

    二星及び以下 南寧興寧区 宿泊料金:-

        維也納酒店(南寧朝陽路店)是維也納酒店集團旗下90多家精品商務連鎖酒店之一,亦是南寧市首家分店,座落于朝陽商業圈。酒店客房以歐式、溫馨、藝術為設計理念裝修,設有大、小型會..

  • 城市便捷酒店(南寧金花茶店)

    城市便捷酒店(南寧金花茶店)

    二星及び以下 南寧青秀地区 宿泊料金:-

      城市便捷酒店(南寧金花茶店)是一家商務型酒店,位于南寧市新竹路,臨近南寧市交通局。

  • 南寧九龍東方酒店

    南寧九龍東方酒店

    四星レベル 南寧青秀地区 宿泊料金:-

      南寧九龍東方酒店是一家商務型酒店,位于青秀區,自治區旅游局斜對面。酒店真誠為入住的客戶提供個性化服務。”

揚美古鎮 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號