凭祥友誼関

凭祥友誼関

凭祥友誼関写真

凭祥友誼関

観光地の情報:   紹介  凭祥は古くから桂林の西南での国境要地である。その中で友誼関が中国とベトナムとの境で最大か..

観光地の入場券:  凭祥友誼関入場券及び開放時間  入場券:10元  開放時間:観光地域のスタッフに詳しく聞いてくださ..

注意事項:  注意事項  多くの観光客はお土産、特に自分が好きな旅行商品を見ると、思わずに深い興味を示し、その..

凭祥友誼関観光地図

凭祥友誼関をご紹介

  紹介

  凭祥は古くから桂林の西南での国境要地である。その中で友誼関が中国とベトナムとの境で最大かつ一番重要な警備地で、凭祥市の市内から西南の18キロメートルに位置し、両側に高山がそびえたち、高く険しい、峡谷の通路に押さえる。友誼関は城楼式の建築物で、高さが22メートルで、底に厚い城壁、真ん中にサーキュラーの城門などがあり、非常に雄大である。陳毅元帥は城門で「友誼関」という三つの字を自分で書いた。

  歴史上、友誼関は鎮南関と呼ばれたことがあり、明代の洪武年間に建てられ、中国で古代の九つの名関の一つである。1885年、清代の名将馮子材は軍隊を率い、ここでフランスからの侵略者に痛烈な攻撃を加え、有名な鎮南関戦争での大勝利を取った。今でもここには中仏戦争の古代戦場がまだ残っている。開放の後、中国とベトナムとの両国人民の「同志と兄弟」の深い友誼を表すために、友誼関という関名を改名した。

  今、ベトナムへ旅行しに行く人々は大体ここに国境を通過することが多い。もしパスポートを持たなければ、身分証明書を持って、旅行会社を通して取り扱うしかない。一人は1400元、二人は1600元、五人は2500元。

  南寧市は亜熱帯季節風気候に属し、陽光がいっぱいで、雨量も十分で、気候が湿潤である。年間の平均気温は21.7度で、冬で最も寒い1月は平均気温12.8度で、夏で最も暑い7、8月は平均気温28.2度である。草は冬を経て枯れなくて、花は春でなくても咲いている。優れた気候条件のおかげで、ここはいつも緑があり、四季に花が咲いている。いつまでも旅行に相応しい。注意すべきところは、夏が暑くじめじめしているので、特に7、8月平均最高温度は30度から38度までに達し、雨量も大きいし、こんなとき、南寧市に観光すれば、サングラスや帽子や雨具を準備してください。

  一番よい旅行の季節は毎年の十月末十一月初である。その頃、南寧市は一年一度の国際民歌芸術祭りなどの規模が大きい旅行活動を開催する。観光客は南寧市で最も地方的特色を持つ祭りに参加できるだけではなく、有名な民歌、民族活動のパフォーマンスを観賞することもできる。あの時の南寧市は歌の海、踊りの世界になり、盛装に着替えるチワン族男女や東西の歌と踊りが一堂に集まり、都市全体では民歌のメロディアスな音が聞こえる。刺繍の球を投げること、板の靴の踊り、花火と爆竹を奪い取ること、風車を踏むこと及び多彩な民間ダンスなどはもっと素晴らしい。

凭祥友誼関の特色

  特色

  軍事遺跡や自然風光や国境の関所の風土を一体になる旅行の風景区と国家一類の港である。漢代に創立され、2000年あまりの歴史を持つ古代の検問所である。古代の名前は雍鶏関、界首関、鎮南関である。建関楼の一階には、二重門があり、通道を貫き、外門に「南彊重鎮」と書いてあり、内門に「鎮南関」とも書いてある。現存の模造した古関楼は1957年に造り直された。1965年に友誼関と改名され、名前が陳毅元帥によって書かれた。

  友誼関は左弼山と金鶏山の平地に建てられ、中国とベトナムの交通要地に位置し、城壁が左弼山と金鶏山の麓に繋がる。険しい地勢なので、いつも軍事要地になっている。1886年、清末の広西省の蘇元春提督は国境の安全を強めるために、友誼関の東西両側の山頂で四つの砲台を建てた。砲台は山の姿勢に沿って建てられ、それぞれの姿を表し、すべてが大きな方形の石で造りあがった。砲台の下には通り、駐屯室、弾薬倉庫などがあった。砲台の中でドイツのクルップ兵器工場によって生産された一つの1891年の120ミリメートル口径の大砲といくつかの小砲が置かれた。歴史の流れの中で、友誼関は中華民族の盛衰栄辱を目撃した。抗法戦争と抗日戦争のとき、関楼が前後して5回外国の侵略軍に占領されたことがあり、二回に戦火に壊滅された。1885年3月の中仏戦争――鎮南関の大勝利は、中国近代史上で外敵の侵略に対する唯一勝利を取った戦争である。1907年12月の鎮南関武装蜂起も孫中山さんの一生の革命生涯で唯一身を置いて戦場を指揮した反清の武装蜂起である。1949年12月11日に、中国人民解放軍は赤旗を鎮南関に挿して、広西の解放を宣言したので、12月11日が広西省の「区慶日」になっている。

  友誼関は中国で九つの名関の中で唯一外国と接し、今でも通関の役割を立つ国境の関所で、中国からベトナム及び東南アジア各国への重要な陸路である。毎年、凡そ40億ぐらいの様々な商品は友誼関を経て、ベトナムや東南アジアに輸出し、友誼関を通して境を出入り旅行する観光客も70万人ぐらいいる。1998年以来、毎年一回の中越関所(凭祥)国際旅行祭りには、多くの観光客を引いている。主要な風景区は、友誼関の関楼、フランス式の建物、金鶏山の古代砲台群、友誼関広場、左弼山の鎮関砲台、ゼロキロメートル、大清国の万人墓などある。

  友誼関の関楼:面積が180平方メートル、高さが22メートル、四階あり、友誼関の歴史展覧室や中越両国の幹部の会議室や中国で九つの名関展覧室などある。

  友誼関広場:広場の左側には「友誼樹」と言われる千年のガジュマルを植え、右側には旅行の記念商品を販売する店がある。

  金鶏山の古代砲台群:金鶏山の海抜が596メートルで、この山を登ると、中越の境で数十メートルの美しい景色が一望のもとに見渡せる。山頂の上には鎮南、鎮中、鎮北という三つの砲台があり、鼎立する姿を示している。

  ゼロキロメートル:中国の322国道路の終点とベトナム1号の道路の始点との共通のところに位置し、ベトナムが立たれた1号国道路の始点の里程標である。

凭祥友誼関の入場券

  凭祥友誼関入場券及び開放時間

  入場券:10元

  開放時間:観光地域のスタッフに詳しく聞いてください。

凭祥友誼関の交通

  交通

  凭祥は南寧市の市内まで180キロメートルで、ベトナムの首都ハノイまで160キロメートルである。友誼関は凭祥市の西南の18キロメートルに位置する。

  1、 南寧――凭祥

  汽車:南寧から凭祥までの列車は二つあり、一つが南寧――凭祥の5517回の列車で、朝7時58分に発車し、お昼の12時に到着し、切符の値段が30元。二つが南寧――凭祥の8511回の列車で、朝10時56分に発車し、午後4時19分に凭祥北駅に到着し(この付近での招待所が多いので、ここに降りたほうがよい)、午後4時25分に凭祥に着き、切符の値段が17元。汽車駅から凭祥市までまだ少しの距離があるので、当地の1元の三輪オートバイで市内に着くことができる。帰りの旅程は凭祥――南寧の5518回の列車に乗り、午後3時20分に凭祥駅から発車し、夜7時40分に南寧に到着できる。

  自動車道路:南寧バス総合駅で朝8時から午後6時まで、凭祥へ行くバスは一時間ずつ定時に運行する。帰りの旅程は凭祥から南寧までの長距離バスを利用することができ、朝7時から午後5時まで、バスが一時間ずつ出発し、切符の値段が50元、片道が4.5時間かかる。

  凭祥市バス総合駅のアドレス:凭祥市北大路     電話:0771-8526736

  2、凭祥――友誼関、固定なバスがなくて、車を貸し出す方法で行くしかない。約40分かかる。往復する料金は40元から60元までが必要。

凭祥友誼関 観光ホテル

凭祥友誼関 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號