民族文物苑

民族文物苑

民族文物苑写真

民族文物苑

観光地の情報:   紹介  広西省民族文物苑は南寧市広西博物館のそばに位置し、面積が24000平方メートルで、1988年に建..

観光地の入場券:  民族文物苑入場券及び開放時間  入場券:8元(文物苑と博物館の入場券を合わせて8元)、学生の入場券..

注意事項:  注意事項  多くの観光客はお土産、特に自分が好きな旅行商品を見ると、思わずに深い興味を示し、その..

民族文物苑観光地図

民族文物苑をご紹介

  紹介

  広西省民族文物苑は南寧市広西博物館のそばに位置し、面積が24000平方メートルで、1988年に建てられ、独自の特色を持つ地方的な露天の民族文物陳列館である。これは知識的、娯楽的、趣味的な戸外博物館で、広西の各民族の伝統的文化を宣伝し、紹介する窓口である。そして、広西のチワン族自治区での民族風俗博物館の文物を室内で陳列することの延ばしと拡大である。

  文物苑の正門には巨大な銅鼓があり、銅鼓の故郷ならではの特色を体現する。トン族の風格がある正門を通した後、大きな古代銅鼓の彫塑群を陳列している。チワン族の民家、ミャオ族の足吊り楼、ヤオ族の竹楼、マオナン族の山居、トン族の風雨橋と鼓楼などの民族建築物がある。各民族の建築物の中で、民族の生産生活用具や手工芸品を陳列し、手工芸品を作る実演も行う。民族仕事場で伝統的な製油、精米、造紙、陶つくりなどを実演する。民族祭りがあるとき、様々な民族文芸活動も行われる。

  苑内の竹楼には民族レストランがある。ここでトン族の油茶を飲むことができるし、各民族の食べ物やおいしい民族料理も食べられる。

  南寧市は亜熱帯季節風気候に属し、陽光がいっぱいで、雨量も十分で、気候が湿潤である。年間の平均気温は21.7度で、冬で最も寒い1月は平均気温12.8度で、夏で最も暑い7、8月は平均気温28.2度である。草は冬を経て枯れなくて、花は春でなくても咲いている。優れた気候条件のおかげで、ここはいつも緑があり、四季に花が咲いている。いつまでも旅行に相応しい。注意すべきところは、夏が暑くじめじめしているので、特に7、8月平均最高温度は30度から38度までに達し、雨量も大きいし、こんなとき、南寧市に観光すれば、サングラスや帽子や雨具を準備してください。

  一番よい旅行の季節は毎年の十月末十一月初である。その頃、南寧市は一年一度の国際民歌芸術祭りなどの規模が大きい旅行活動を開催する。観光客は南寧市で最も地方的特色を持つ祭りに参加できるだけではなく、有名な民歌、民族活動のパフォーマンスを観賞することもできる。あの時の南寧市は歌の海、踊りの世界になり、盛装に着替えるチワン族男女や東西の歌と踊りが一堂に集まり、都市全体では民歌のメロディアスな音が聞こえる。刺繍の球を投げること、板の靴の踊り、花火と爆竹を奪い取ること、風車を踏むこと及び多彩な民間ダンスなどはもっと素晴らしい。

民族文物苑の特色

  特色

  チワン族博物館:面積が24000平方メートルで、1988年末に建てられ、独自の特色を持つ地方的な民族文物陳列館である。民族文物苑は広西省で各地の少数民族の風俗を集める。ここには独特な民居建築物がある。例えば、チワン族の欄干、ヤオ族の竹楼、ミャオ族の吊り楼、トン族の鼓楼、風雨橋などが展示されている。それらは山上の密林に位置したり、山や水のそばの芝生に建てられたりする。各民族の家の中に普段の生活用具や工芸品なども陳列されている。観光客は各民族の軽食を食べることができる。民族仕事場で伝統的な製油、精米、造紙、陶つくり、あめ搾り、水車などの制作実演を見ることができる。祝日になるとき、いろいろな民族芸能活動が行われる。

  文物苑の正門には巨大な銅鼓があり、広西省は銅鼓の故郷である特色をはっきり表現する。銅鼓は中国古代の青銅文化の中で生まれた奇跡であり、今までもう二千七百年あまりの歴史を持っている。広西省は古代に銅鼓を生産して使用する主要な地区で、全国で出土した銅鼓の中で500あまりを占めている。文物苑には320ぐらいの銅鼓が保存される。その中、北流県元靖鎮水冲庵で発見された雲雷紋大銅鼓は広西省で最も大きな銅鼓だけではなく、今まで世界で最大な銅鼓でもある。鼓面は直径が165センチメートルで、高さが67.5センチメートルで、重さが600余りグラムで、銅鼓の王様と呼ぶことができる。銅鼓は銅と錫の合金で鋳造された特殊な楽器であり、古代のチワン族人民にとって、踊りや娯楽をしたり、神仏や祖先を祭ったり、兵士を訓練したり、戦争をしたりするというときの道具でもある。とくに、貴族やお上はこれを財産や権力の象徴にした。「銅鼓を二つ、三つ得たことによって、王になれる」ということを古書に記述している。それから見ると、銅鼓は人々にとって重要な地位を占めている。

  関連の知識:

  銅鼓は中国古代の青銅文化の中で生まれた奇跡であり、今までもう二千七百年あまりの歴史を持っている。銅鼓は銅と錫の合金で鋳造された特殊な楽器であり、古代のチワン族人民にとって、踊りや娯楽をしたり、神仏や祖先を祭ったり、兵士を訓練したり、戦争をしたりするというときの道具でもある。とくに、貴族やお上はこれを財産や権力の象徴にした。

  広西省は古代に銅鼓を生産して使用する主要な地区で、全国で出土した1400あまりの銅鼓の中で、北流県元靖鎮水冲庵で発見された雲雷紋大銅鼓は広西省で最も大きな銅鼓だけではなく、今まで世界で最大な銅鼓でもある。鼓面は直径が165センチメートルで、高さが67.5センチメートルで、重さが600余りグラムで、銅鼓の王様と呼ぶことができる。

民族文物苑の入場券

  民族文物苑入場券及び開放時間

  入場券:8元(文物苑と博物館の入場券を合わせて8元)、学生の入場券は3元。

  開放時間:(平日)朝8:30-11:30、午後2:30-5:30

  (祝日と休日)朝8:30-午後5:00

民族文物苑の交通

  交通

  6番、8番、12番、23番バスで到着できる。

  

民族文物苑 観光ホテル

  • 南寧銅鼓大酒店

    南寧銅鼓大酒店

    三星レベル 南寧青秀地区 宿泊料金:-

      南寧銅鼓大酒店位于南寧市東葛商業圈核心,東葛路和園湖路口廣西中醫附院門診對面,交通十分便利,環境優雅,鬧中取靜,地理位置絕佳。  酒店擁有雅致、舒適、溫馨的各類豪華客房,“輕松舒適,源自環境”銅鼓..

  • 銀河大酒店

    銀河大酒店

    二星及び以下 南寧 宿泊料金:-

  • 南寧民航飯店

    南寧民航飯店

    三星レベル 南寧興寧区 宿泊料金:-

      南寧民航飯店是一家具有航空背景與特色的商務精品酒店。飯店位于南寧市繁華的商業中心區朝陽路,毗鄰火車站、汽車站售票處、南寧國際機場往返市區的巴士站,交通極其便利。距百貨大樓、商業步行街、萬達商業廣場..

  • 南寧蘋果宿便捷公寓

    南寧蘋果宿便捷公寓

    二星及び以下 南寧青秀地区 宿泊料金:-

        南寧蘋果宿便捷公寓坐落在廣西人民大會堂(民族廣場)右邊200米,區博物館對面新夢之島11至26樓。地歷位置靠近市中心,東鄰約2公里就到中國東盟博覽會,距琅東汽車站約4公里,約步行..

  • 南寧跨世紀ホテル

    南寧跨世紀ホテル

    四星級 南寧青秀地区 宿泊料金:-

      南寧跨世紀大酒店位于南寧市琅東開發區民族大道東段廣西發展大廈。毗鄰區黨委、市人民政府、南寧晚報社,是廣西新的政治、經濟、文化、金融的中心,北接桂海高速公路,憑其天賦的地理位置而盡覽青山綠水的韻致。..

民族文物苑 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號