瑶渓

瑶渓

瑶渓写真

瑶渓

観光地の情報:   紹介  瑶渓は温州市竜湾区に位置し、繁華街まで16キロメートルだけの距離があり、「渓石は全て玉の色..

観光地の入場券:  瑶渓入場券及び開放時間  入場券:10元。  開放時間:8:30-17:30。

注意事項:  注意事項   1、勝手に外で火を使うことが禁止である。    2、生態環境や自然を保護してく..

瑶渓観光地図

瑶渓 観光地写真

瑶渓をご紹介

  紹介

  瑶渓は温州市竜湾区に位置し、繁華街まで16キロメートルだけの距離があり、「渓石は全て玉の色だ」で有名になる。青い渓、奥深い谷、絶壁、鍾乳洞があり、金鍾滝、瑶渓滝、鍾秀園、竜崗山と千仏塔の五大観光地区を分け、さらに幽谷金鍾、水石同跡、鉄壁潭影、梅林情深、山色湖光、鷺鸶閑雲、煙雨朦朧、仙畳竜崗、千仏春秋、鍾霊毓秀などの十大景観が最も有名で、浙江省の省レベルの名勝である。
  
  瑶渓は温州の歴史文化を集める名所である。竜崗山の遺跡は今まで4、5千年の歴史がある。唐に国安寺、宋に千仏塔、明に玄真観が建てられた。また、明と清の時代にたくさんの名士はここに集まって、数多くの懸崖での石碑彫刻、文化財の古跡が碧水や玉石の間に残される。そこで、自然の風景は人文の精華と一体となる。瑶渓の真夏が涼しくて、厳冬が暖かくて、果樹や海鮮が豊かである。瑶渓の中での温州外商活動センターは4つ星の標準によって建てられたホテルで、ビジネス会議、レジャー、旅行の理想的な選択である。
  
  瑶渓鎮は亜熱帯海洋性季節風気候に属し、真夏が涼しくて、厳冬が暖かい。四季がはっきりとしている。降水が十分で、どんな季節でも旅行に適する。

瑶渓の特色

  特色

  瑶渓は伝説の中で玉がある小川である。古代の書物の中で瑶渓に関する記載が数多い。例えば、三国時代の魏阮籍『清思賦』に「振瑶渓而鳴玉兮、播陵陽之斐斐」と書いた。また、南朝の梁江淹は『雑体詩・効謝霊運<遊山>』に「赤玉隠瑶渓、雲錦被砂汭」と書いた。それで、唐の牛鳳及は『奉和受図制温洛応製』に「八神扶玉輦、六羽警瑶渓」と書いた。同じ時期である唐の儲光羲も『遊茅山』の詩二に「巾車雲路入、理棹瑶渓行」とそう記録した。
  
  瑶渓は伝説の中の地名である。瑶岸、瑶崖とも呼ばれる。『後漢書・張衡伝』に「瞰瑶渓之赤岸兮、吊祖江之見劉」という記載がある。また、李賢は「瑶渓、瑶岸也」と説明した。それから、漢の陳琳は『馬脳勒賦』に「託瑶渓之宝岸、臨赤水之朱陂」と書いた。

瑶渓の入場券

  瑶渓入場券及び開放時間

  入場券:10元。

  開放時間:8:30-17:30。

瑶渓の交通

  歩き方

  温州の飛霞橋から9路線のバスに乗り、瑶渓駅におりてから、すぐに瑶渓風景区に到着できる。また、温州の三橋から6路線のバスに乗り、瑶渓風景区にも到着できる。

瑶渓 観光ホテル

瑶渓 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號