双后岗畲族文化村

双后岗畲族文化村

双后岗畲族文化村写真

双后岗畲族文化村

観光地の情報:   紹介  双后岗畲族文化村は県城鹤渓鎮南2キロメートルに位置する。この村の住民は畲族人、旅行で富裕..

観光地の入場券:  入場券及び開放時間  入場券:25元。  開放時間:24時間。

注意事項:  注意事項   1、旅に出るときは、よく使える薬を用意してください。とくにお年寄りはよく飲む..

双后岗畲族文化村観光地図

双后岗畲族文化村をご紹介

  紹介

  双后岗畲族文化村は県城鹤渓鎮南2キロメートルに位置する。この村の住民は畲族人、旅行で富裕路を歩いた。

   シェ族は中国南東部の山間に住んでいたながい歴史をもつ素朴な少数民族であり、早くも西暦7世紀頃にシェ族の祖先は福建、広東、江西3省の接する地域で生活していた。

  気候は四季がはっきりとした亜熱帯季節風気候。年間の平均気温は15℃程度で、1月が最も寒く、7月が最も暑い。5~ 6月には雨が続き、降水量も比較的多い。

双后岗畲族文化村の特色

  特色

   その時彼らは「蛮」、「蛮僚と呼ばれ、南宋の頃にシェと称されるようになった。「シェ」は焼き畑農法で開墾し耕作するという意味である。元代以降、「シェ民」はシェ族に対する特有の呼称として、よく史籍の中に現れるようになった。中華人民共和国が成立した後、正式にシェ族と名づけられた。各地で生活しているシェ族の人たちは、みな自民族の発祥の地を広東省潮州の鳳凰山だと言っている。シェ族の人たちは小人数グループで居住しており、周囲の漢族の人たちとともに暮らしていることもあり、漢族の人たちと一つの村に居住していることもある。シェ族の人たちは主に農業に従事し、水稲の栽培のほか、茶、サトウキビ、ラミー材などの経済作物を栽培している。シェ族の人たちは経済、文化など各方面で漢族の人たちと同じように、めざましい発展をとげており、シェ族の山村の現代化を目指す建設もめざましい発展をとげている。

双后岗畲族文化村の入場券

  入場券及び開放時間

  入場券:25元。

  開放時間:24時間。

双后岗畲族文化村の交通

  歩き方

  観光区へ行くバスがある。

双后岗畲族文化村 観光ホテル

双后岗畲族文化村 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號