普済禅寺

普済禅寺

普済禅寺写真

普済禅寺

観光地の情報:   紹介  普済禅寺は前寺とも呼ばれている。霊鷲峰の麓にあって観音大士を祭る普陀山三大寺の主刹である..

観光地の入場券:  入場券及び開放時間  入場券:5元。  開放時間:8:00-18:00。

注意事項:  注意事項   1、旅に出るときは、よく使える薬を用意してください。とくにお年寄りはよく飲む..

普済禅寺観光地図

普済禅寺をご紹介

  紹介

  普済禅寺は前寺とも呼ばれている。霊鷲峰の麓にあって観音大士を祭る普陀山三大寺の主刹である。この寺が築かれたのは約900年前、七つの殿閣を持ち、瑠璃瓦に黄色い壁で、建物の総面積は1万1400平方メートルあり、宏大で荘厳、非凡の雰囲気を持つ。

  気候は四季がはっきりとした亜熱帯季節風気候。年間の平均気温は15℃程度で、1月が最も寒く、7月が最も暑い。5~6月には雨が続き、降水量も比較的多い。

普済禅寺の特色

  特色

  小さなに島に三十をこえる寺院があるが、その中でも最も大きな寺である。創建は1080年。宋の朝廷から「宝陀観音寺」の名を賜り観音道場としたのが始まり。山門から天王殿、大円通殿、法堂、法丈殿、功徳殿と続く。本尊は大円通殿に安置する観音坐像。

  寺の中央にある円通宝殿は観音菩薩正殿で、高さ8.8メートルの観音菩薩像を祭り、その周囲に観音の三十ニ応化身をめぐらしている。菩薩像は線香の香り漂う中、心なし顔をうつむつむけて端座していられる。また建物の高さは約20メートル、幅約46メトル、奥行き約26メートルの木造建築であり、千人余を収容ができる。寺内の殿堂、僧房などはあわせて二百余間、それが整然とした配置で並んでいる。その亭台楼閣、池沼牌坊はまた見事なものである。あの有名な蓮花池は楠の大木に囲まれて大殿の外にある。

普済禅寺の入場券

  入場券及び開放時間

  入場券:5元。

  開放時間:8:00-18:00。

普済禅寺の交通

  歩き方

  1号線、2号線に乗る。

普済禅寺 観光ホテル

普済禅寺 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號