阿育王寺

阿育王寺

阿育王寺写真

阿育王寺

観光地の情報:   紹介  阿育王(アショカ王)寺は寧波市鄞州区東北部の鄮山の西麓にあり、東南部の天童寺からは5キロ..

観光地の入場券:  阿育王寺入場券及び開放時間  入場券:5元。  開放時間:8:00-18:00。

注意事項:  注意事項   1、旅に出るときは、よく使える薬を用意してください。とくにお年寄りはよく飲む..

阿育王寺観光地図

阿育王寺をご紹介

  紹介

  阿育王(アショカ王)寺は寧波市鄞州区東北部の鄮山の西麓にあり、東南部の天童寺からは5キロ、市内からは20キロ離れている。阿育王寺は禅宗の名刹として、中国仏教史にも中日文化交流史にも重要な役割を果たしている。特に釈迦様の仏舎利が珍蔵されているので、国内外にその名を馳せている。

  言い伝えによれば、紀元前486年、お釈迦様が涅槃になり、弟子たちはその遺体を焼く時、84000粒の明るく輝いている堅い五色の珠が見付かったそうだ。その後、阿育王はインド孔雀王朝の王位を継いだ。彼は王位を奪い取った時には戦争を起こしたことがあり、無数の死傷者が出てきた。その罪に悔やみ深いので、丸一日の間に84000の仏塔を建てた。また、お釈迦様の舎利を一粒ずつ入れたその仏塔を「八吉祥六殊勝地」まで護送して供えていたそうだ。

  寧波は亜熱帯季節風気候で、温暖湿潤で、四季がはっきりしている。年平均気温が16.3度で、月の平均気温で7月が最も高く、27.9度で、1月が最も低く、4.8度である。年間で霜がない時期は普通230日から240日間である。年間降水量が1300から1600ミリで、5月から9月の降水量は一年の60%を占める。

阿育王寺の特色

  特色

  西晋太康三年(278年)、僧の慧達は苦労を厭わずに山川を跋渉して、南へお釈迦様の舎利が珍蔵されている仏塔を探しに来た。寧波市鄮山烏石岙(今の北侖大碶鎮)に着いた時、ふと地下から響きの良い鐘音がどんどんと伝わってきて、彼は即座に心を込めて祈願し、丸三日間経を詠んだら、地下から仏塔が現れ、中に鐘が吊るされ、お釈迦の頭骨舎利が飾られていた。慧達はその場で仏閣を建ててそれを供えた。仏舎利の再現の話は広く伝わっていった。阿育王寺は、仏教の珍宝である仏舎利を珍蔵しているため、歴代の帝王に厚く優遇されていた。南北朝(420~589)の頃、仏教を深く信仰した孝静帝は、仏舎利塔を保護するため、539年に3000人もの兵士を派遣した。しかし、唐武宗李炎発は845年に詔を下して、阿育王寺の仏舎利を没収した。850年、阿育王寺はその仏舎利を返してもらった。8000人の僧侶は臨安堂に集まり、迎えの儀式を盛大に行った。南宋淳熙三年(1175年)、仏舎利は宮に迎えられ、供養されていた。元の至元十三年(1276年)、元世祖フビライは詔を下して、仏舎利が国都――大都(今の北京)まで迎えられ、供えられていた。フビライは自ら参拝に行って、また僧侶と比丘尼を10万人大都に集め、祭壇を16箇所設けて、線香と蝋燭を立てて、花で飾って、念仏をさせていた。仏舎利を大都で数ヶ月供えた後、阿育王寺に返した時、フビライはまた「仏舎利の通るところ、官吏が出迎えて、敬意を表し、案内すべきだ」と詔を下した。それは仏舎利の最高待遇であった。

  阿育王寺は、建築、庭園、名勝旧跡でその名を知られている。鄮山の麓にあり、規模が大きい。敷地面積は8万㎡あり、建築面積は2。4万㎡もある。お寺の前には玉幾山があり、山の形はお寺に向かって飛んでくる鳳凰に見える。それで、「天童寺は九匹の龍が玉に戯れる所で、阿育王寺は五羽の鳳凰が日に向く所だ」と言われている。仏閣は中間対称式で、真ん中の中枢から順に山門、二山門、阿耨達池、大雄宝殿、摩訶殿、舎利殿、法堂、蔵経楼が立ち並んでおり、東側には雲水堂、鄮峰草堂、拾翠楼、承恩堂、方丈殿、宸奎閣、寮房などの個室が361あり、右側には松光斎、鐘楼、舎利堂、先覚堂、大悲閣などの個室が264ある。

阿育王寺の入場券

  阿育王寺入場券及び開放時間

  入場券:5元。

  開放時間:8:00-18:00。

阿育王寺の交通

  歩き方

      82路。

阿育王寺 観光ホテル

阿育王寺 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號