鐘楼

鐘楼

鐘楼写真

鐘楼

観光地の情報:   紹介西安の街の中央を東西南北にのびる大通りの中心にある。高さ36m、35.5m四方、面積約1377.4㎡、土..

観光地の入場券:  鐘楼入場券及び開放時間  入場券:27元、鐘楼、鼓楼は40元、鐘をノックするのは5元。  開放時間:4..

注意事項:  注意事項  1、鐘楼の入り口は周辺の地下通路内にある。  2、わざと鐘楼へ行くバスを探す、たくさん..

鐘楼観光地図

鐘楼 観光地写真

鐘楼をご紹介

  紹介

西安の街の中央を東西南北にのびる大通りの中心にある。高さ36m、35.5m四方、面積約1377.4㎡、土台の高さは8m。独特の風格をもつ建造物だ。

  西安の気候は温帯大陸性気候で、四季がはっきりしている。年平均気温は13℃。年間降水量は604.2ミリ、年間日照時間は2000時間。温和な気候と自然環境に恵まれた土地であり、原始先住民族が生活するのに理想的な土地でもあった。寒い冬以外旅行に適している。

鐘楼の特色

  特色

  鐘楼は明の太祖朱元璋の洪武17年(1384年)に創建され、当初は現在の広済街口に、鼓楼と向かい合わせに建っていた。明の神宗の万歴10年(1582年)に巡安御使龔賢によって現在地に移された。西北の角には5トンもある明代の古鐘が置かれ、その周囲には八卦の模様がつけられている。彩色を施され、装飾された鐘楼は、美しく、雄大だ。鐘をついて時を知らせたことから鐘楼の名がついた。大鐘がなると、都中にその澄んだ音色が響いたという。観音開きの扉にはみな精巧な彫刻が施され、明清代に盛んだった装飾芸術を見ることができる。各階の扉にはすべてレリーフが施され、昔の経典の逸文や典故もある。ここを訪れた者は上にあがって、古城の街の景色を眺めることができる。

  地震によって損壊したが、改革解放以前は国民党軍が駐屯したため、長期間にわたって修理ができなかった。解放後、政府が資金を出して数度にわたって改修を行なった。新しく生まれ変わった鐘楼は西安の象徴的建築物となっている。

  1996年9月、有名な女性建築家張錦秋の設計で、鐘鼓楼広場が建設され、鐘鼓楼は壮麗さを増している。新唐風建築もすばらしい。現在の鐘鼓楼広場は唐代の趣と現代の息吹を同時に感じられる、西安市民の憩いの場、そして旅行者が西安を知る最適のスポットとなっている。

鐘楼の入場券

  鐘楼入場券及び開放時間

  入場券:27元、鐘楼、鼓楼は40元、鐘をノックするのは5元。

  開放時間:4月1日-10月31日は8:00-22:00、11月1日-翌年3月31日8:00-17:30。

鐘楼の交通

  歩き方

  4、6、7、8、11、12、15、16、26、29、32、35、36、37、43、45、46、118、201、203、205、206、208、214、215、216、218、221、222、229、235、239、251、300、302、502、600、K600、603、604、K605、606、608、609、611、612、612区间、K618、K630、706、遊7、遊8(610)バスに乗る。

鐘楼 観光ホテル

鐘楼 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號