大唐芙蓉園

大唐芙蓉園

大唐芙蓉園写真

大唐芙蓉園

観光地の情報:   紹介  大唐芙蓉園は2005年4月にオープンし、西北地区の最大な文化テーマパーク。敷地面積は67ヘクタ..

観光地の入場券:  大唐芙蓉園入場券及び開放時間  入場券:68元。  開放時間:9:00-21:00。

注意事項:  注意事項  1、園内は多く食品、飲食と小吃の小店があり、値段は統一である、でも園外より半額高い。..

大唐芙蓉園観光地図

大唐芙蓉園をご紹介

  紹介

  大唐芙蓉園は2005年4月にオープンし、西北地区の最大な文化テーマパーク。敷地面積は67ヘクタールとしている、その中に、水面は20ヘクタールで、総投資額は13臆元。元唐代芙蓉園遺跡の北に建設され、その中に、楼閣、湖、園林、劇院、唐の街等数多い景観を含む。世界最大の水幕映画、戸外香花プロジェクト、唐代建築を有し、中国の初めて全面的に盛唐の風貌を展示する大規模な皇室の庭園式文化のテーマバーク。

  西安の気候は温帯大陸性気候で、四季がはっきりしている。年平均気温は13℃。年間降水量は604.2ミリ、年間日照時間は2000時間。温和な気候と自然環境に恵まれた土地であり、原始先住民族が生活するのに理想的な土地でもあった。寒い冬以外旅行に適している。

大唐芙蓉園の特色

  特色

  「大唐芙蓉園」は唐代の遺跡「芙蓉園遺跡」の北側に建てられた。敷地面積は1000畝(約67ヘクタール)、うち池など水面の面積は300畝(約20ヘクタール)を超える。投資総額13億元。園内は12エリアに分かれ、それぞれテーマが設定されており、盛唐期(713~766年)の文化的繁栄をさまざまな角度から表現している。また、園内には中国最大規模の唐代建築のレプリカ群があり、唐代の各時期・各様式の建物がすべて揃っている。

大唐芙蓉園の入場券

  大唐芙蓉園入場券及び開放時間

  入場券:68元。

  開放時間:9:00-21:00。

大唐芙蓉園の交通

  歩き方

  5、19、21、22、24、27、30、34、41、44、212、224、237、320、400、408、500、501、521、527、601、606、609、610、701、715、721、720、遊4、遊6、遊8、遊9路バスに乗る。

大唐芙蓉園 観光ホテル

大唐芙蓉園 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號