大悲山

大悲山

大悲山写真

大悲山

観光地の情報:   紹介  大悲山は浙江舟山市泗礁山島東部田岙村に位置し、嵊泗県列島の第3峰。其西の中隊の峰々、東濱..

観光地の入場券:  入場券及び開放時間  入場券:35元。  開放時間:8:00——17:30。

注意事項:  注意事項   1、旅に出るときは、よく使える薬を用意してください。とくにお年寄りはよく飲む..

大悲山観光地図

大悲山をご紹介

  紹介

  大悲山は浙江舟山市泗礁山島東部田岙村に位置し、嵊泗県列島の第3峰。其西の中隊の峰々、東濱海、基湖砂浜、南と長く砂浜を塗って等辺の三角形の物を形成する。高い所に登って遠くを見渡して、周りの金平島、鳥類の島を使う、緑華島、壁下島、嵊山の島、クコの島、黄龍の島、馬跡山などの大きなものと小さなもの百余り島、一望ですべて見渡せて、立派なものが多くて見きれないで、“姉妹の砂浜”と海上の千島湖の最優秀地を観賞する。

  気候は四季がはっきりとした亜熱帯季節風気候。年間の平均気温は15℃程度で、1月が最も寒く、7月が最も暑い。5~ 6月には雨が続き、降水量も比較的多い。

大悲山の特色

  特色

  大悲山は仏教観音文化の中の大慈大悲で名声を得る。山に従って起きたのが大悲山霊、南北の各3つの母屋の両側の棟、場所をとる総面積は400数平方メートル。正殿は仏殿を量って、主な仏陀の如来は壁に寄りかかって座って、1丈に達して、壁の後で千手観音で、天王殿、羅漢堂がまだある。いつも仏陀の期限、全県の各島の村民は群を結んで、焼香して仏を拝んで羅漢を数えて、たいへんにぎやか。考証しますによると、唐代に高僧の鑑真は6回日本へ渡って、2度風のため大きい波はせっかちで、しかたなく大悲山に停泊してよって、第6回の才経嵊泗県列島に至って、日本に到着して、完成が日本へ渡って大いに望む。前いくらかの年、ジョウ泗県は大悲山で鑑真を建設して日本へ渡って舟の所に停泊して、中華文明の作り出す偉大な貢献のこちらの唐代の高僧を記念することを広めにする。

大悲山の入場券

  入場券及び開放時間

  入場券:35元。

  開放時間:8:00——17:30。

大悲山の交通

  歩き方

  チャーターする。

大悲山 観光ホテル

大悲山 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號