九咆界風景区

九咆界風景区

九咆界風景区写真

九咆界風景区

観光地の情報:   紹介  区内の山水は風光明媚で島々もきらぼしのように点在して、上品な離合して迷宮入りの境界を具現..

観光地の入場券:  入場券及び開放時間  入場券:60元。  開放時間:8:00-17:00。

注意事項:  注意事項   1、旅に出るときは、よく使える薬を用意してください。とくにお年寄りはよく飲む..

九咆界風景区観光地図

九咆界風景区をご紹介

  紹介

  区内の山水は風光明媚で島々もきらぼしのように点在して、上品な離合して迷宮入りの境界を具現しています。周りには山の峰は屏風のように立ちのぞんでいて、山のすそは指のように湖水へ伸ばして、小島と共に湖面を中心、東南、西北、西南、東北の特色がある五大区域に分けました。山紫水明の景色と色取りの林の茂みは人々を詩歌や絵画の境界に導いています。青い山、清い水、奇妙な洞穴、奇異な山岩でそこは「奇妙神秘な千島湖」と褒美されています。

  気候は四季がはっきりとした亜熱帯季節風気候。年間の平均気温は15℃程度で、1月が最も寒く、7月が最も暑い。5~ 6月には雨が続き、降水量も比較的多い。

九咆界風景区の特色

  特色

  歴史の文献によると、千島湖の湖水中は非常に古い街があります。その建築は特色に富んで、煉瓦、木、石、瓦でビルを立てて、壁が赤くて、瓦が青でした。やぐらがはね上がって、ひさしが伸びて威厳で素朴です。街はきちんとしていました。その中賀城は山と湖水に瀕して2.5キロ長さの街道があります。その街道は一様な茶の園石板で舗装されて、すがすがしさと、さわやかさを与えてくれます。又、獅城は千島湖景勝地の茅頭尖水域に位置して、千島湖鎮まで約40キロの距離です。2001年10月に水中考察の結果、水中の古い城は比較的に良く保存されて、関門及び城壁も数ヵ所の民居も残っていることが明らかになりました。水中古い城はまだ謎なので、開発探査を待ち望んでいます。

九咆界風景区の入場券

  入場券及び開放時間

  入場券:60元。

  開放時間:8:00-17:00。

九咆界風景区の交通

  歩き方

   観光区へ行くバスがある。

九咆界風景区 観光ホテル

九咆界風景区 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號