天寧寺

天寧寺

天寧寺写真

天寧寺

観光地の情報:   紹介  天寧寺の開山は文政4年(1447)に芦名盛信よって開かれたと言われています。芦名氏は戦国時代..

観光地の入場券:  入場券及び開放時間  入場券:10元。  開放時間:8:00-17:00。

注意事項:  注意事項   1、旅に出るときは、よく使える薬を用意してください。とくにお年寄りはよく飲む..

天寧寺観光地図

天寧寺をご紹介

  紹介

  天寧寺の開山は文政4年(1447)に芦名盛信よって開かれたと言われています。芦名氏は戦国時代、会津若松一帯を支配した90万石の大名でしたが、伊達政宗に敗れた為、佐竹氏の庇護を受ける事になります。

  気候は四季がはっきりとした亜熱帯季節風気候。年間の平均気温は15℃程度で、1月が最も寒く、7月が最も暑い。5~ 6月には雨が続き、降水量も比較的多い。

天寧寺の特色

  特色

  その後、佐竹氏は関が原の合戦で中立を保った為、秋田へ移封され、芦名氏は角館を中心に1万6千石の領地に与えられ、現在の角館町の原型となる町割りを行います。天寧寺は芦名氏の旧領である会津若松の天寧寺を本寺とし名称を同じくし、横手市の正平寺の住職を招いて寛永年間に開基しました。芦名氏は角館へきて3代で血脈を絶ちますが天寧寺は秋田在三カ寺の一と称された名刹として地元住民に維持されました。本堂は明治18年(1885)に焼失し、昭和44年に建替えられたものですが、山門(旧角館町指定文化財)は寛政3年(1791)に建てられた角館町で最も古い山門建築とされています。境内には芦名氏3代(旧角館町指定史跡)や畑駒岳、須藤半五郎などの墓碑が残り当時を偲ぶことが出来ます。

天寧寺の入場券

  入場券及び開放時間

  入場券:10元。

  開放時間:8:00-17:00。

天寧寺の交通

  歩き方

  11路に乗る。

天寧寺 観光ホテル

天寧寺 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號