氷壷洞

氷壷洞

氷壷洞写真

氷壷洞

観光地の情報:   紹介  氷壷洞は浙江省金華市の北山に位置している。双竜洞から竜耳穴を通し、200メートル余りの階段..

観光地の入場券:  氷壷洞入場券及び開放時間  入場券:二つの回数券に分ける。    ①46元の回数券(双竜洞、氷壷洞..

注意事項:  注意事項   1.自然保護区の内で、ガイドの手配に従ってください。ガイドが紹介しない所に入..

氷壷洞観光地図

氷壷洞をご紹介

  紹介

  氷壷洞は浙江省金華市の北山に位置している。双竜洞から竜耳穴を通し、200メートル余りの階段を上がると、氷壷洞に着くことができる。氷壷洞の二つの穴はすでに1991年年末に通じさせた。双竜洞に入って、50メートルぐらい歩くと、氷壷洞での滝の音を聞える。更に中に歩くと、銀河が氷壷に流れ落ちる、まるで雷のような大きな音が響く滝の奇観を鑑賞することができる。長さが100メートルぐらいの「地下長廊」を通り抜けると、氷壷洞に到着できる。氷壷洞の海抜が580メートルで、深さが120メートルぐらいである。穴の口は空に向かい、垂直で奥深い。氷壷洞の底の傾斜度は40度で、斜長が140メートルで、深さが約70メートルである。穴の底から穴の口までの石段階が260階余りある。
  
  氷壷洞の口から底までの深さが80メートル余りで、奥深くて高くて険しい。その中で石筍、鐘乳石がたくさんあり、例えば「百鳥朝鳳」、「蓮花宝塔」、「金華仏手」などである。氷壷洞の中の景色は主に滝である。地下水流から流れ落ちて、落差が20メートルに達し、音が雷鳴のようで、その勢いは壮観である。これは国内外の穴の風景の中でとても珍しい。滝が落ちて、まるで飛珠のようである。水はすぐに穴の底に流れ、水面に残らない。
  
  氷壷洞のベスト旅行季節は春と秋である。夏に雨が多くて、いろんな不便がある。冬に雪が降る時、いくつかの名所を観覧することが出来なくて、若干残念である。

氷壷洞の特色

  特色

  氷壷洞は「一滝垂空下、洞中氷雪飛」という穴の中の滝で世に名を知られる。双竜洞の上より100メートルぐらいの所に位置する。穴の口の海抜が約580メートルで、茂っている森林に隠す。穴の口が空に向かうので、入り口が小さくて、中身が大きくて長くて、外見がつぼに似ているから、氷壷洞という名前を得た。
  
  宋の有名な学者である金履祥は以下の詩を作って、氷壷洞を褒めた。「澗外煙雲肌寸合、洞中氷雪百尋飛。壷中日月凭誰記、水自飛蒙雲自帰」。氷壷洞の中にまた「仙牛角」、「観音弄」などの穴があり、深くて計り知れない。氷壷洞の中に滝が流れ落ちる風景があるだけではなく、鐘乳石も多彩である。飛瀑の側には仏手が逆さまにかかるような巨大な鐘乳石がある。穴の底に一つの石筍がそびえ立っていて、高さが3、4丈に達し、色が玉のように透明である。また、多くの鐘乳石が穴の底にあり、形が奇妙で、人々を感心させられる。氷壷洞の入り口に、郭沫若が書いた「氷壷洞」の碑があり、碑の裏面に郭沫若が作った七律詩を彫り刻んでいる。

氷壷洞の入場券

  氷壷洞入場券及び開放時間

  入場券:二つの回数券に分ける。
  
  ①46元の回数券(双竜洞、氷壷洞、桃源洞と金華観という4つの名所を含む)
  
  ②70元の回数券(観光地区の交通、双竜洞、氷壷洞、桃源洞、金華観、朝真洞、仙滝洞、黄大仙祖宮を含む)
  
  開放時間:朝7時20分から午後5時まで
  
  (ゴールデンウィークの期間は別の開放時間である)

氷壷洞の交通

  歩き方

  市内の清波門から3路線の公共バス(30分おきに一便)に乗り、あるいは金華商城、国貿ビル、汽車西駅前の太陽城から21路線に乗り、みな双竜観光地区に到着できる。タクシで氷壷洞に行くには値段を相談したほうがよい。普通、城北から行くと25元で、城南からは30元である。

氷壷洞 観光ホテル

氷壷洞 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號