西渓国家湿地公園

西渓国家湿地公園

西渓国家湿地公園写真

西渓国家湿地公園

観光地の情報:   紹介  西渓国家湿地公園は杭州市区西部の天目山路にあり、面積は10.08平方メートル、水面面積は8000..

観光地の入場券:  西渓国家湿地公園入場券及び開放時間  入場券:40元。  開放時間:8:30-16:30。

注意事項:  注意事項   1、旅に出るときは、よく使える薬を用意してください。とくにお年寄りはよく飲む..

西渓国家湿地公園観光地図

西渓国家湿地公園をご紹介

  紹介

  西渓国家湿地公園は杭州市区西部の天目山路にあり、面積は10.08平方メートル、水面面積は8000平方メートル。後漢に発見された杭州3西(西湖、西冷印社、西渓)の一つ。西渓国家湿地の生態資源は豊かで、クワ、竹などの植物は221種類があり、白鷺、ホトトギスなどの鳥類は29種類がある。西渓湿地は美しい自然景色と長い歴史文化を持っている。

  杭州の気候は日本と同様の温帯性気候に属しているため、日本の本州の気候とよく似ている。杭州の気候は、四つの季節がある温帯性湿潤気候に属している。杭州の年間平均気温は、16.2℃。夏の天気は、暑く多湿が、冬は、比較的涼しくて、乾いている。最も暑い月は7月で平均温度は約34℃、冬場の1月の平均温度は約4℃。杭州の年間降水量は1450mm。真夏には、浙江省の他の都市と同様に杭州でも、台風の影響を受ける。ただし台風が直撃することはあまりない。一般的に台風は、浙江省の南海岸に沿って進み、杭州に強風と降雨をもたらする。

西渓国家湿地公園の特色

  特色

  【烟水漁庄】:水郷荘園式の別荘。「烟水」には三つの意味があり、柳の烟、雲の烟、炊事の烟、の3つ。漁庄では、淡水魚の料理を食べることができる。たくさんの人が、竹ざおを持って西渓の堤に座って、魚を釣っている。

  また烟水漁庄には西渓農家生活原生態展示館もあり、昔の西渓地区の農家の生活が再現されている。

  【深潭口村】:西渓湿地西北部にある。村には深い潭があるので、深潭口と呼ばれている。両側には三株百年のクスがある。毎年の端午の節句の時、ドラゴンボートレースの祭りはここに開催される。

  【秋雪庵】:宋代に立てられたもので、民間式の庭園。庵には霊峰下院、渕圓修堂、報木堂などの古跡がある。

  【西渓水閣園】:西渓の農民が休憩する場所。西渓の民族文化の雰囲気が溢れている。

  【西渓草堂】:昔の主人は明の時代有名な文人馮夢楨、今は西湖高級中学校の中にある。

  沿岸には梅墅、香雪屋、探春亭、共山小筑などの農家独特の別荘と清代の文人章次白が建てられた梅竹山庄がある。

  西渓国家湿地公園の農家料理もおいしいよ。オススメ料理は西渓小魚と豆腐の煮込み、西渓の鶏肉料理、キクラゲと豚肉のスープ等。

西渓国家湿地公園の入場券

  西渓国家湿地公園入場券及び開放時間

  入場券:40元。

  開放時間:8:30-16:30。

西渓国家湿地公園の交通

  歩き方

  観光区へ行くバスがある。

西渓国家湿地公園 観光ホテル

西渓国家湿地公園 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號