花港観魚

花港観魚

花港観魚写真

花港観魚

観光地の情報:   紹介  花港観魚は南宋時代に初めて建造され、初めは近隣の西湖西岸花家山の下に位置しており、南宋の..

観光地の入場券:  花港観魚入場券及び開放時間  入場券:10元。  開放時間:9:00-18:00。

注意事項:  注意事項   1、旅に出るときは、よく使える薬を用意してください。とくにお年寄りはよく飲む..

花港観魚観光地図

花港観魚をご紹介

  紹介

  花港観魚は南宋時代に初めて建造され、初めは近隣の西湖西岸花家山の下に位置しており、南宋の内侍(宦官)盧允升の個人の別荘であった。花や港、魚があることにちなんで名付けられており、「西湖十景」の一つに列せられている。

  杭州の気候は日本と同様の温帯性気候に属しているため、日本の本州の気候とよく似ている。杭州の気候は、四つの季節がある温帯性湿潤気候に属している。杭州の年間平均気温は、16.2℃。夏の天気は、暑く多湿が、冬は、比較的涼しくて、乾いている。最も暑い月は7月で平均温度は約34℃、冬場の1月の平均温度は約4℃。杭州の年間降水量は1450mm。真夏には、浙江省の他の都市と同様に杭州でも、台風の影響を受ける。ただし台風が直撃することはあまりない。一般的に台風は、浙江省の南海岸に沿って進み、杭州に強風と降雨をもたらする。

花港観魚の特色

  特色

  清朝康熙年間、花港観魚は再建され、現在の蘇堤の映波橋と鎖瀾橋の間より西側の湖の浅瀬の地に位置している。二十世紀の五十年代以後、もとの一つの池、一つの亭、三畝の面積を徐々に拡大して、二十一ヘクタールにまでして、花を観賞すること、魚をめでることを一体化させた大型の公園としたのである。公園内は紅魚池、牡丹園、花港、但草坪、叢林等の五大景勝地に分かれ、中でも主要な景勝地は紅魚池であり、千匹もの赤や金色の鯉が放流され、観光客が魚の池に餌を投じると、魚たちが争って食べにやってきて、水面に赤い波が波動するようであり、人びとは歓声を上げ、笑い声を上げるのである。牡丹園中に高くそびえた頂上には牡丹亭があり、四周には「魏紫」、「姚黄」、「玉楼春」の十\大名花が植えられ、蒼い松、翠の柏とともに互いを引き立てあって、一つの箱庭のような園林を形成している。新花港の緑水、二本の三またアーチ橋、飛架、橋下港は西裏湖と小南湖に連続している。花港観魚公園は春秋両季に牡丹と菊花がテーマとなる他は、年中かぐわしい緑が生い茂り、一つの場所でさまざまな姿、多くの彩りにあふれた花をめでる楽園である。

花港観魚の入場券

  花港観魚入場券及び開放時間

  入場券:10元。

  開放時間:9:00-18:00。

花港観魚の交通

  歩き方

  K4、504、游1、2、3、5路。

花港観魚 観光ホテル

花港観魚 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號