九渓十八澗

九渓十八澗

九渓十八澗写真

九渓十八澗

観光地の情報:   紹介  新西湖十景の一つ。西湖の西に位置しており、煙霞嶺の南、冠壟にある。九溪には二つの水源があ..

観光地の入場券:  九渓十八澗入場券及び開放時間  入場券:2元。  開放時間:24時間。

注意事項:  注意事項   1、旅に出るときは、よく使える薬を用意してください。とくにお年寄りはよく飲む..

九渓十八澗観光地図

九渓十八澗をご紹介

  紹介

  新西湖十景の一つ。西湖の西に位置しており、煙霞嶺の南、冠壟にある。九溪には二つの水源があり、西は獅子峰に源を発し、東の水源は楊梅嶺にある。

  杭州の気候は日本と同様の温帯性気候に属しているため、日本の本州の気候とよく似ている。杭州の気候は、四つの季節がある温帯性湿潤気候に属している。杭州の年間平均気温は、16.2℃。夏の天気は、暑く多湿が、冬は、比較的涼しくて、乾いている。最も暑い月は7月で平均温度は約34℃、冬場の1月の平均温度は約4℃。杭州の年間降水量は1450mm。真夏には、浙江省の他の都市と同様に杭州でも、台風の影響を受ける。ただし台風が直撃することはあまりない。一般的に台風は、浙江省の南海岸に沿って進み、杭州に強風と降雨をもたらする。

九渓十八澗の特色

  特色

  南流して、徐村に至って銭塘江に流入するが、その間に江青湾、宏法など多くの曲折した細流を形成して、俗に「九溪十八澗」と称されるのである。一九八六年にこの景勝地を開発して、人工の滝を造成し、立派な木が霧を帯び、満谷に満ちて人を迷わすようであり、形は「煙樹」のようであることから、故に「九溪煙樹」名付けられたのである。この区域はもとより「二つの山が寄りかかって削られ、そして空間が生じて一渓流をなしているようである白石が幾度となくめぐり、青山にいたってとどまる所」として称されていたのである。屈曲した小径を形成し、連なりあった山が相対し、谷川や泉がさらさらと流れ、竹林や楠が緑を競い合う風景を醸し出している。我が国の著名な地質学者の李四光は、かつて二度ここに来て考察し、今から約一万から二、三百万年前の地質第四紀に形成されたと認識しており、今もなお冰川遺跡がある。清のが作った畳字(同じ字を重ねた言葉)詩には「重重畳畳たる山、曲曲彎彎たる路、丁丁東東たる泉、高高下下たる樹。」(重なり合う山、屈曲する道、こんこんとわき出て流れる泉、高い木や低い木)とあり、人を景勝地に引きつけてやまないのである。

九渓十八澗の入場券

  九渓十八澗入場券及び開放時間

  入場券:2元。

  開放時間:24時間。

九渓十八澗の交通

  歩き方

  K4、27、308、504、游5路、假日5線に乗る。

九渓十八澗 観光ホテル

九渓十八澗 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號