浙江省博物館

浙江省博物館

浙江省博物館写真

浙江省博物館

観光地の情報:   紹介  浙江省博物館は、1929年に建てられ、以前は、”西湖博物館”と呼ばれていた。西湖孤山の麓に位..

観光地の入場券:  浙江省博物館入場券及び開放時間  入場券:20元。  開放時間:9:00——17:00。

注意事項:  注意事項   1、旅に出るときは、よく使える薬を用意してください。とくにお年寄りはよく飲む..

浙江省博物館観光地図

浙江省博物館をご紹介

  紹介

  浙江省博物館は、1929年に建てられ、以前は、”西湖博物館”と呼ばれていた。西湖孤山の麓に位置し、断橋残雪、平湖秋月等と隣接しておりとても景色の良い所。

  博物館内には、江南の著名な本が所蔵してある文瀾閣がある。1993年新しく建て直された。新しい博物館の面積は、20400平方メートになり、新しく歴史文物館、青磁館、書画館、古銭館、工芸館、礼品館、呂露光芸術館、常本鴻美術館、明清家具館、精品館等10の展示館がある。博物館は、江南地域特有の単体建築と屋根を取り入れている。”園の中に館あり、館の中に園あり”と言われる様に、亭台や楼閣等が屋根や自然と溶け合い、お互いを引き立てている。杭州で文化的で景色の美しい新しい名所になっている。

  杭州の気候は日本と同様の温帯性気候に属しているため、日本の本州の気候とよく似ている。杭州の気候は、四つの季節がある温帯性湿潤気候に属している。杭州の年間平均気温は、16.2℃。夏の天気は、暑く多湿が、冬は、比較的涼しくて、乾いている。最も暑い月は7月で平均温度は約34℃、冬場の1月の平均温度は約4℃。杭州の年間降水量は1450mm。真夏には、浙江省の他の都市と同様に杭州でも、台風の影響を受ける。ただし台風が直撃することはあまりない。一般的に台風は、浙江省の南海岸に沿って進み、杭州に強風と降雨をもたらする。

浙江省博物館の特色

  特色

  浙江省博物館は、浙江省内の最大の収集、陳列数の総合的博物館。その中の河姆渡の陶器、漆器、木器、骨器、象牙製品や、良渚の玉の工芸品、シルク、越国の青銅器、越窯、龍泉窯、南宋官の窯や青磁、会稽鏡、和湖州鏡、明清浙の書籍や画家の作品等珍しい物ばかり。浙江7000年の古い歴史があるからこそ、これらの多彩な文物が収蔵できるのです。博物館では、長年書画や青磁、工芸品を展示すると同時に、精品、国内外の珍しい物も展示している。他にも、栖霞嶺の黄賓虹記念館、沙孟海の書法芸術館など有名な人物の展示場もある。1999年浙江美術館が完成したため、浙江省博物館も拡大された。

  近年、国際学術研究活動に学術的に価値あるものを送り出している。ドイツ、フランス、日本、シンガポール等の文物展覧会を成功させている。有名な学術誌《東方博物》や《浙江七千年》等、連続文物誌が出版され、浙江省博物館の影響が日に日に大きくなり、世界中で最も知名度の高い博物館になった。

浙江省博物館の入場券

  浙江省博物館入場券及び開放時間

  入場券:20元。

  開放時間:9:00——17:00。

浙江省博物館の交通

  歩き方

  850路、7路に乗る。

浙江省博物館 観光ホテル

浙江省博物館 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號