平湖秋月

平湖秋月

平湖秋月写真

平湖秋月

観光地の情報:   紹介  「白堤」の西側、狐山の南側にある。湖面とほぼ同じ高さに作られたのでこの名がある。満月の夜..

観光地の入場券:  平湖秋月入場券及び開放時間  入場券:5元。  開放時間:24時間。

注意事項:  注意事項   1、旅に出るときは、よく使える薬を用意してください。とくにお年寄りはよく飲む..

平湖秋月観光地図

平湖秋月をご紹介

  紹介

  「白堤」の西側、狐山の南側にある。湖面とほぼ同じ高さに作られたのでこの名がある。満月の夜、ここからの西湖の眺めは最高とされている。

  平湖秋月楼にある対聯には「穿牖而来夏日清風冬日日巻廉相見前山明月後山山(窓を開ければ夏の日も冬の日も心地良い風が入り、簾を上げれば月に照らされた山々に出会う)」と読まれていて、当時の月見の風情が良く伝わる。

  杭州の気候は日本と同様の温帯性気候に属しているため、日本の本州の気候とよく似ている。杭州の気候は、四つの季節がある温帯性湿潤気候に属している。杭州の年間平均気温は、16.2℃。夏の天気は、暑く多湿が、冬は、比較的涼しくて、乾いている。最も暑い月は7月で平均温度は約34℃、冬場の1月の平均温度は約4℃。杭州の年間降水量は1450mm。真夏には、浙江省の他の都市と同様に杭州でも、台風の影響を受ける。ただし台風が直撃することはあまりない。一般的に台風は、浙江省の南海岸に沿って進み、杭州に強風と降雨をもたらする。

平湖秋月の特色

  特色

  平湖秋月は湖面に臨んで平台の視野が開けていて、中秋の夜に月と湖面を平台の座席で望むと空の満月と湖面に映った満月の両方を見ることが出来る。二つの満月はそれぞれ照らしあい、あたかも寒宮に入りこんだかのような感を与える。そのため先人の対聯に「万頃の湖は平長として鏡に似、四時の月は好きも最も秋に宜し(広々とした湖は平らかで鏡のよう、四季のうちでは秋の月が最も好い)」と言うのである。また、築山や四季折々の花木が詩趣にあふれた勝景をつくっており、訪れた人に歴史と文化の蓄積を感じさせ、南宋の望月亭、明代の龍王祠や清初の禦書楼のことを思い起こさせる。

  白堤の西端、孤山の東側にある。湖に突き出るように造られた「平月台」が湖面と同じ高さにあることから「平湖」と呼ばれるようになった。古人により「万頃湖平長似鏡四時月好最宜秋(万頃の湖平らにして長く鏡に似たり四時の月好けれど秋最も宜し)」と詠われた月見の名所で、毎年旧暦の8月14日から16日までここで「月是西湖明(月こそ西湖の光)」と題した”中秋の名月鑑賞会が開かれる。

平湖秋月の入場券

  平湖秋月入場券及び開放時間

  入場券:5元。

  開放時間:24時間。

平湖秋月の交通

  歩き方

  観光区へ行くバスがある。

平湖秋月 観光ホテル

平湖秋月 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號